五代産業のレンタル浄水器(蛇口型/据え置き型/ビルトイン型/サーバー型)

兵庫県尼崎市武庫川町1丁目5番地
浄水器(蛇口型/据え置き型/ビルトイン型/サーバー型)
HOME > 環境衛生関連商品 > 浄水器(蛇口型/据え置き型/ビルトイン型/サーバー型)

浄水器(蛇口型/据え置き型/ビルトイン型/サーバー型)

飲用での、水道水に混じる不純物の摂取防止はもちろん、米や野菜の洗浄など、調理の始めから浄水を利用して栄養分の保護と味の向上に!たっぷり使える浄水器にしか出来ない事があります。ミネラルウォーター/水サーバー/浄水器、3タイプの水の特徴を知って上手に使い分け!
ミネラルウォーターの強み
世界各地の色々な水を楽しめる
少量、低コストで気軽に試せる
大量に冷やしておく事が容易
未開封なら長期保存可能
 
ミネラルウォーターの弱み
開栓後は要冷蔵、数日内に使い切りが必要
ストックが場所を取る、購入も手間
HOTは別途沸かす必要有り
1リットルあたりの単価が高い(さまざま)
 
大型ボトルの水サーバーの強み
待合室などに置いておける(手離れが良い)
HOT/COLD 機能付き
配達されるので購入手間がない
 
 
 
大型ボトルの水サーバーの弱み
水の衛生維持に電気代が必要
開封後の使用期限は2週間程度
交換作業が少々重い
1リットル単価が安いわけではない(サービスによる)
ストック/空ボトルの保管場所
 

浄水器のご紹介

おいしい水にも色々ありますが、【コスト】と【安全安心】で選ぶならやっぱり浄水器!お手軽取り付け~本格大容量と幅広いラインナップもちろん浄水器のJIS規格(*1)準拠品なので安心!

五代産業では、コストと安全性を重視し、浄水器のご提供を行なっています。
浄水器の取り付け、定期交換サービス(交換時期の管理、実施)は、是非、弊社にお任せ下さい。
(*1)JIS S 3201(家庭用浄水器試験方法)に基づき、試験を実施しています。
飲食が前提である家庭用の試験内容ですので、業務利用でも安心してお使いいただけます。

浄水器の強み
浄水器を通る直前まで塩素消毒された状態で、衛生的
1リットルあたりのコストが圧倒的に安い(数円/L)
体が慣れている地元の水を、本来の姿で楽しめる
必要なときに必要な分だけろ過すれば良く、ストックを置いておく必要が無い(購入手間なし、置き場所不要、水を切らす心配なし)
 
浄水器の弱み
浄水器を通した水の長期保存は少々デリケート(塩素が除去されますので、殺菌力を失います。予め容器を水道水等で滅菌し、容器内に空気を残さない様、あふれる位に満タンに水を入れて、冷蔵庫など20度以下の冷暗所で保管して下さい。)
味の変化を楽しむことは出来ない

 
大都市を中心に広がっている「高度浄水処理」
水道水がペットボトルに入れられ、店頭に並ぶ時代です。

しかし、その品質が保証されるのは、上水場を出る瞬間のみ。
お手元の蛇口まで、上水場から何キロもの配管を通ってきますが、その経路には老朽化の進んだ箇所もあり、管の剥離や溶出の心配があります。
管内についた汚れなども時々剥がれ落ち、水に混入します。
経路上で配管工事があると、鉄サビ(赤水)や砂粒が混入することがあります。
貯水槽のある建物ですと、槽内の汚れやコケなども問題となります。

水道内で雑菌が繁殖しないように塩素が添加されていますが、この塩素(残留塩素)は皮膚へのダメージ、ビタミン等の破壊といった副作用もあります。

これら、残留塩素や経路上で混入する不純物は、浄水器で取り除くしかありません。
浄水器の利用により、より美味しく、安全で安心な水を利用することが出来るだけでなく、調理によるビタミン等の減少を軽減し、より美味しく、健康に良い料理を提供する事が可能になります。

また、乳幼児のお腹に負担となるミネラル分の添加などはしておりませんので、赤ちゃんのミルク等にも安心してお使いいただけます。

以上の理由により、高度上水処理が行われている区域のお客様におかれましても、より良い水を入手するために浄水器の御利用をお勧めいたします。
 

・    家庭用品品質表示法に定められた、浄水器がろ過すべき物質について、
     80%以上の除去率(ろ過能力)を保つことが出来る通水量。

・    JIS規格の試験結果を、各物質別にリットル数で表示し、
     浄水器の能力としては、そのうちの最小のリットル数を表示すること、と定められています。

・    逆に言えば、このリットル数の水をろ過すると、何れかの物質の除去率が80%まで下がると言う事です。
     この水量をろ過し終えるとすぐに使えなくなるわけではありませんが、
     各物質に対する除去率はさらに低下していきます。
     せっかく浄水器を使うわけですし、安全上の観点からも早めの交換をお勧めします。

・    1分あたりにろ過できる水の量(リットル/分)、つまりはろ過するスピード。
     使用量に対して速度が遅すぎると、待つ時間が増えてストレスの元です。

・    ろ過流量は次の様な要因で増減します
     ・ フィルター(ろ材)の大型化(表面積の増加) ⇒速くなる
     ・ 内部構造の工夫による水圧調整など ⇒速くなる
     ・ 中空糸膜など、より微小な物質に対応するフィルターの使用 ⇒遅くなる
     ・ フィルターの目詰まりの進行 ⇒遅くなる

・    水をしっかりろ過する為には、一定以下の速度でフィルターを通す必要があるため、
     除去性能を維持しつつ高速化するには、基本的にフィルターを大型化し、
     水が同時に通る場所(水路の幅)を広くするしかありません。
・    この為、小型のフィルターを採用した蛇口取付型の中には、ろ過流量が低く(遅く)
     職場や業務上での頻繁な使用には不向きな製品も見受けられます。


ページのトップへ